怖がらずに相談できますか?本気ならできるはずです。

    埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/                  
               ●ごあいさつ● 

このブログでは「離婚」を中心に「家族に起こるさまざまな問題」を取り上げて行きます。仕事上の体験を随時織り込んで行きますので時々脱線しますが最後までおつき合いください。離婚を中心にしたお話はメルマガでも配信していますので興味のある方は読んでみてください。「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html
とは言いましてもこのブログでは「離婚のお話」がかなりのウェイトを占めると思います。これからお話するのは男女が出会い、そして家族を作り、最後には相続、法事までという家族の一生についてのお話です。なにせ「夫と一緒のお墓に入らないと言う遺言を書いてください」と言われるご時世です。きっと、あなたのお役に立つ事をお約束します。

              ●今回のテーマ●

       怖がらずに相談できますか?本気ならできるはずです。

私がいじめの相談を本気で行うのには理由があります。

いじめを受けた当事者だからです(生きていたのが不思議だと言われたくらい)

おもないじめの相談は次の4つがあります。

(1)学校のいじめ
   生徒間、教師の加担したいじめ
(2)職場内のいじめ
(3)近所の人によるいじめ
(4)家庭内のいじめ
   家庭内のDVは犯罪ですからいじめとは異なります。
   夫や姑によるモラルハラスメントが多く見られます。

私も昔はかなり無茶なことをしました。学校の教師を辞めさせるまで追いつめたり、嫌がらせをした人を町内に住めないように持っていったり、無理難題を言う夫の昇進を止めることになったり、これらは偶然のいきさつからなっただけなのですが、法律を知ってからはもっと協力な方法を知るようになりました。

でも・・・

「どうしても」とたのまれれば法律内で手続きをしますが、いまは、どうやって紛争状態(これは心理学用語で脳が暴走していることを意味します。法律用語とは意味がちがいます)を解決して穏やかな生活を取り戻すかに重点をおくようになりました。

これは2005年以降の心理学の考え方です。古い知識で仕事をしている人には相談してもよい答えがかえって来ないかもしれません。

困っていることがある人、遠慮せずにメールをください。

それではきょうはこれで失礼します。

*私の経験した事をお話しているので、ブログの内容を転用使用する際には必ず連絡をお願いします。

ご質問とうのメールはこちらへお願いします。


============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================

埼玉県
さいたま市
見沼区
近藤行政書士事務所取り扱い業務



離婚
離婚協議書
慰謝料
養育費
親権
財産分与
内容証明
示談書
遺言書
遺産分割協議書



クーリングオフ
ストーカー
心理カウンセリング




[PR]
Commented by きょうこ at 2014-07-16 20:29 x
ブログにコメント書くの初めてです。

実はここ最近家族のこととかでずっと辛い思いをしてました。

でもこちらのブログに巡り合えて、共感する所もあったりして「救われた」気持ちになれました。勝手にこんなこと言われても困っちゃいますよね?ごめんなさい

是非この素敵なブログの管理人さんと仲良くしていただきたいなぁって…

これ私のです↓

xxvcocovxx@ezweb.ne.jp

(迷惑だったら削除して頂いても構いませんので)

熱い日が続いてますが熱中症には気を付けてくださいね。お身体ご自愛ください。
Commented by kondou-toshihiro at 2014-07-24 12:43
こんにちは。ブログを読んでいただいて有り難うございます。こういった難しいブログだとなかなかお便りがもらえないので、コメント頂き大変嬉しかったです。今後とも読んで頂けると幸いです。
by kondou-toshihiro | 2014-07-05 15:28 | カウンセリング | Comments(2)

日常のちょっとした出来事を解決するお話をしています。


by kondou-toshihiro