最近の内容証明について

     埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/  


離婚を中心にしたお話は毎週日曜日にメルマガ配信していますので興味のある方は読んでみてください。「離婚の達人」は「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html 

               最近の内容証明について

内容証明を書いてもらうと、あたりまえのように最後の方に「お返事頂けないときは法的手段をとらせて頂きます」と書く法律家さんが今でも殆どです。

書店に置いてある「内容証明の書き方」という類いの書籍にも例文として、まだ載っているかもしれません。

ある公証人さんに聞いたのですが、慰謝料の請求などで金額の合意が出来ていないときは「法的手段云々」は書かない方がよいと言われていました。

内容証明は話し合いで問題を解決しようとする、どちらかというと穏やかな方法です。それを「法的手段云々」というと「話ができないなら喧嘩しましょう」という意味になってしまうことがあります。

もし「法的手段云々」を書くのなら、支払ってもらっていない給料20万円や、支払ってもらっていない設計図面の契約作成代金30万円など、こちらの権利がはっきりしている場合でしょう。

古くから内容証明を書いている人(新しい事を勉強している人は別ですが)や市販の「内容証明の書き方」はちょっと時代にそぐわなくなって来たようです。

このごろでは少し強い事をいうと殻に閉じこもってしまって返事をよこさない人が多々みられます。

相手が返事をしやすいように誘導してあげるのもひとつの手だとおもいます。

これは法律家としての意見ではなく、心理カウンセラーとしての立場からお話したことです。
       
メールはこちらへお願いします。

それではきょうはこれで。



============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================


埼玉県
さいたま市
見沼区
近藤行政書士事務所取り扱い業務
離婚
離婚協議書
慰謝料
養育費
親権
財産分与
内容証明
示談書
遺言書
遺産分割協議書
クーリングオフ
心理カウンセリング
[PR]
by kondou-toshihiro | 2016-07-01 22:17 | 内容証明 | Comments(0)

誰も離婚業務きをしていないころから離婚相談を受けている。さいたま市見沼区で実績のある(離婚公正証書を保管している)離婚相談所です


by kondou-toshihiro