<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

よく頂くメール

離婚内縁心理カウンセラー離婚協議書慰謝料請求内容証明緑区南区浦和区桜区中央区西区大宮区岩槻区北区見沼区さいたま市埼玉県心の相談示談書
 
     さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
       電話048ー689ー0425 
       近藤敏広(行政書士:JADP認定心理カウンセラー) 
法務関係のホームページはこちらヘhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
 
  

よく頂くメール

よく頂くメールに「ホームページを参考にさせて頂き、離婚協議書(遺言書)を作りました。ありがとうございます。」というのがあります。でも、本当によいのかなあと考えてしまう事があります。

ホームページを見て頂くことは大変うれしいことです。何万とあるホームページの中から私のホームページを見て頂くというのは奇跡に近いことですから。

ただ、遺言書や離婚協議書は本来オーダーメードで作るものですから、ホームページに掲載してある文章が、その人に当てはまるか疑問も生じます。極端にいうと印刷したラブレターを文房具店で買って、郵送しようとしているのに似ています。自分の気持ちが入っていない書類をかくべきでは無いと思うのですが....。

もっとも、公証役場へ自分の書いた遺言書(離婚協議書)を持って行けば、役場の方で直してくれるから問題はありませけれど。

そんなに時間もお金もかかる訳ではありませんから、後々後悔しない為にも、はじめて作る書類は詳しい人にチェックくらいしてもらった方がよいと思うのです。

それでは今日はこのへんで。

内容証明のブログはこちらからhttp://sayamako.exblog.jp/



================================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
================================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2010-02-27 11:35 | 法律 | Comments(0)
離婚内縁心理カウンセラー離婚協議書慰謝料請求内容証明緑区南区浦和区桜区中央区西区大宮区岩槻区北区見沼区さいたま市埼玉県心の相談示談書
 
     さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
       電話048ー689ー0425 
       近藤敏広(行政書士:JADP認定心理カウンセラー) 
法務関係のホームページはこちらヘhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
 
  

間違ってはいないのだけれども正しくない物

世の中で一番やっかいなのが、一つ一つの考えや意見は正しいのだけれど全体からみれば正しく無い、つまり「間違ってはいないのだけれども正しくない物」があることです。

例えば、あなたは円錐という立体図形をご存知ですよね。横から見れば三角形、下から見れば円にみえます。これだけですと間違ってはいませんね?ところがもっとよく見ないと、この図形が円錐だと言う事はわからないのです。

一つの意見(情報)だけでは、全てをただしく表していない事があるというたとえです。
色々な情報を組み合わせてはじめて真実に近くなることがこの世の中にはたくさんあります。

たとえでお話します。

ブルガリアという国を知っていますよね。
ヨーグルトで有名ですが、実は世界最大のバラの生産地なのです。
バラの産地はというと、主にブルガリアの東部地方で作られています。
東部地方とは首都ソフィアの東にあるバラの谷というところで作られています。
ブルガリアというと山国のイメージがあるので、そんな寒そうなところでバラができるの?と思う人もいるでしょうが、ブルガリアの東は海のある温暖な観光地としてヨーロッパでは知られているのです。
そのバラの谷で作られているバラの多くはダマスクローズという花です。
ダマスクローズというのは多弁(八重)の花です。
ダマスクローズの色は赤と白があります。
バラから何を作るかというと、ローズオイルとローズ水です。
ローズオイルは香料や化粧品にローズ水は飲料や化粧水に使います。

これを延々を繰り返して行けばブルガリアのバラについての正確な情報を得ることができます。もちろん全部を知る必要はないでしょう。少なくとも普通の人はバラの蒸溜装置の仕組みまで理解する必要はないでしょう。

何か問題が起きた時にはこのように色々な方向から問題を見てください。

これについては、また詳しくお話しましょう。

それでは今日はこのへんで。

内容証明のブログはこちらからhttp://sayamako.exblog.jp/



================================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
================================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2010-02-26 09:14 | カウンセリング | Comments(0)
離婚内縁心理カウンセラー離婚協議書慰謝料請求内容証明緑区南区浦和区桜区中央区西区大宮区岩槻区北区見沼区さいたま市埼玉県心の相談示談書
 
     さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
       電話048ー689ー0425 
       近藤敏広(行政書士:JADP認定心理カウンセラー) 
法務関係のホームページはこちらヘhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
 
  

「子供に会わせてもらえないので助けて下さい」というメールをよく頂きます。

離婚するときに未成年の子供がいたら、子の親権者を決めないと離婚届けが出せません。

日本の裁判所は未成年の子の親権者を母親とすることが多いのですが、これが問題を発生させています。

欧米では親権者は父親と母親が共同でなりますが、日本は母親、または父親などと言うように単独で親権者になります。

いざ、父親(または母親)が子に会おうとしても母親が拒否する事が最近ふえました。

父親(または母親)に会う事が子にとってよく無い場合は正当な理由になりますが、一番問題になってるのが、母親(または父親)が子の面倒をまるで見ていない事が解らないようにするために「会えない」と言ってくるばあいです。

親権は、子供が育ててもらう権利だと考えてください。

このような事を防ぐためにも、離婚の際は公証役場で離婚協議書を作ってもらうのが一番よいのです。(欧米のように日本もハーグ条約に加盟すれば共同親権になりますが)

離婚協議書には必ず親権者や面接交渉の決まりを記載します。これは地方裁判所の判決と同じ効力をもちますので、いちいち裁判などせずに穏やかに解決できるのです。

離婚後に協議書を作ることも出来ますが、お互いの意見があまりにもかけ離れていたら裁判所にお願いするしかなくなります。

ちなみに、面接交渉の調停(家裁)は年間8千件に達しようという勢いです。これから離婚を考えているかたは争いを避ける為にも、ただ市役所に離婚届けを出すのではなく公の書類を作成して(そのほうが子供の為です)から離婚届けを出すようにされるとよいと思います。

ただ、日本にある農村地域では代々子は父親が引き取り、養育は祖父母が行うという習慣のある場所もあります。ここでは、なかなか離婚の手続きをするのが難しかった経験があります。

まあ、こういう所はごく少数だとは思います。

また面接交渉が出来たとしても、その費用をどちらが出すのか争いになる事があります。これも公正証書にしておけば記載されるので安心だとは思います。

ご不明な点は相談ください。

それでは今日はこのへんで。

内容証明のブログはこちらからhttp://sayamako.exblog.jp/



================================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
================================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2010-02-23 14:53 | 離婚相談 | Comments(0)
離婚内縁心理カウンセラー離婚協議書慰謝料請求内容証明緑区南区浦和区桜区中央区西区大宮区岩槻区北区見沼区さいたま市埼玉県心の相談示談書
 
     さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2ー103  
       電話048ー689ー0425 
       近藤敏広(行政書士:JADP認定心理カウンセラー) 

法務関係のホームページはこちらへhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
 


「残業代を払ってもらえないので助けて下さい」というメールがたまにあります。

「給料を払ってもらえないので助けて下さい」というメールは日常茶飯事ですが、たまに「残業代を払ってもらえないので助けて下さい」というメールが届きます。

あなたが、直接労働基準監督署に行っても「まず、内容証明を出して払ってもらえるか確認してください」か、または「払ってもらっていない金額を教えてください」といわれます。

労働基準監督署に行っても、最初からなんでもやって貰えるわけではないのです。

内容証明の書き方は何度もお話していますので、きょうは残業の計算のしかたのお話をします。

ちょっと脱線ー自分の経験からー

残業代を払ってもらえないというのは中小企業だけではなく、一部上場企業にも多くみられます。大手企業の多くはタイムカードがありません。自己申告でつけます。それなので労働基準法できめられた時間を超えてしまった場合は上司が勝手に(もっとも、「残業代をつけるな」と部下に言ってからですが)削ってしまうことがあります。

計算方法は次の通りにおこなってください。

普通残業:25%増  時間単価(  円)× 時間=
深夜残業:50%増  時間単価(  円)× 時間= 
休日出勤:35%増  時間単価(  円)× 時間=
休日深夜:60%増  時間単価(  円)× 時間= 
 
                        ........
                       合計     円

法定外時間(労働基準法37条でいう深夜とは午後10時から午前5時)

ただし会社によっては7時間労働というところもありますので、8時間を超えない残業は割り増しになりませんので注意してください。

また、管理職でも深夜手当はもらえますのでお忘れなく。

それでは今日はこのへんで。

内容証明のブログはこちらからhttp://sayamako.exblog.jp/



================================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
================================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2010-02-23 13:40 | 法律 | Comments(0)
離婚内縁心理カウンセラー離婚協議書慰謝料請求内容証明緑区南区浦和区桜区中央区西区大宮区岩槻区北区見沼区さいたま市埼玉県心の相談示談書
 
     さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
       電話048ー689ー0425 
       近藤敏広(行政書士:JADP認定心理カウンセラー) 
   ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

きのうのお話が少し難しかった方のために

きのうのおはなしは、ちょっと難しかったですか?

もう少し解りやすくお話しましょう。

あなたが、レストランに入ってスパゲティーを注文しようとしています。メニューには(1)カルボナーラ(2)ミートソース(3)ペペロンチーノの3種類がありました。

あなたは多分、この3つともどこかで食べた経験があるでしょう。だから安心して注文できますよね。

ところで、聞いたこともない名前のスパゲティーがあったらどうしますか?

うーん、やっぱり頼むのに勇気がいりますよね。もし頼んだらとてもおいしいスパゲティーだったとしても、なかなか頼めないですよね。

つまり「人間は知らないことは解らないという」原則があるのです。そしてしらないとせっかくの機会を逃してしまうことになります。(スパゲティーを食べそこねたとか)

それなので、目的地や何かを選ぶときは前もって「それが何なのか」を知っておくと安心です。

そういうお話をしました。

ちょっとついでに。

私たち日本人は風鈴の音を知っていますよね。

ところがヨーロッパの人には風鈴の音が雑音にしか聞こえないか、またはまったく耳に入らないそうなのです。

これは昨日の「あなたはあなたの選んだもので出来ている」のところで、お話しましたが教えて(経験と言ってもよいでしょう)もらっていないことは解らないのです。

私は若い頃、考古学の発掘をしたことがあります。発掘した石器(古代人が使っていた斧や弓矢の矢)を知らない人にみせても、ただの石にしか思わなかったのを覚えています。

世の中の何が本当なのか、よくみてみると楽しいことがみつかります。

それでは今日はこのへんで。

内容証明のブログはこちらからhttp://sayamako.exblog.jp/



================================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
================================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2010-02-16 11:26 | カウンセリング | Comments(0)
離婚内縁心理カウンセラー離婚協議書慰謝料請求内容証明緑区南区浦和区桜区中央区西区大宮区岩槻区北区見沼区さいたま市埼玉県心の相談示談書
 
     さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
       電話048ー689ー0425 
       近藤敏広(行政書士:JADP認定心理カウンセラー) 
   ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

知らない道の歩き方(社会生活で迷子にならないために)その1

まずたとえ話しから(といっても私の実体験です)

ある山(3000級)に登った時のことです。

ガイドブックはよく読んで出かけたのですが、山に登るコースが3つもありました。

それなので、山小屋の人に「きょうはどのコースが良いでしょうか?」と聞いたら「左の登山道が面白いよ」と教えてもらったので登山を開始したのですが、大変な難所でした。

やっとのことで登って山頂の山小屋について登って来た道のことを話すと「一番早く登れるコースなんだよ」と教えてくれました。(このコースは山登りが本当に好きでしょうがないという人のコースだったようです)

これは、私の質問が悪かったせいもあるのです。正しくは「(きょうは時間があるのでゆっくり景色を楽しみながら登りたいのですが)どのコースが良いでしょうか?」と聞けば良かったのかもしれません。

また、山小屋の人も「簡単だけれど時間のかかる初心者コース」と「ベテラン向きの難しいけれど短時間で登れるコース」があるけれどどちらが良いですか?と教えてくれたらいいのにとも思いました。(もっとも年代物の道具を使っていた私はどうみてもベテランに見えたので、山小屋の人はそのように思ったのかもしれません)

話を実生活にもどします。

あなたは、大人になるまでに、両親や学校の先生に色々なことを教えてもらってそだちましたね。

たとえば(本当にたとえ話ですが)あなたが旅行をしているとします。道を歩いていて十字路にさしかかりました。Aさんは左の道がよいと言っていました。でもBさんは右の道が良いと言っています。そしてCさんはまっすぐの道がよいと言っています。

あなたなら、どうしますか?

経験を積めば自分の道は自分で決められますが、色々な意見を聞くと迷ってしまいます
こんな時は地図をみて、他人の意見を聞いた上で進む道を決めればよいのですが、Aさんがずっと道案内をしてくれたらAさんに着いて行くことになってしまうかもしれません。

実はこれは学校の進路を決めるときにお話していることなのです。

Aさん(ご両親)が左の道(受験する学校)に行くように進めたのは、受験する学校の風紀が良いからだったからでした。またBさん(先生)が右の道(受験する学校)に行くようにすすめたのは確実に合格できると先生が判断したからでした。そしてCさん(お友達)が真ん中の道(受験する学校)をすすめたのは皆で一緒に学校に通いたいと思ったからでした。

問題なのは、このままでは、あなたの意思がどこにも入っていないと言うことです。もしかしたら部活の先輩のD先輩は別な学校であなたの来るのを楽しみにしているかもしれません。

さあ、どうしましょう。

こんな時は、目的地(この場合は学校や会社)がどんなところなのか見て来るましょう。そして自分が一番よいと思ったところにすすめば良いのです。自分が決めたのですから、もちろん誰にも文句はいえません。

それでも迷いますよね。目的地(この場合は学校や会社ですね)を何回もよく見て下さい
(それが地図になります)はじめから難しく考えるよりは「カタログ」を見てどの服を買おうかと思う感じで試してみて下さい。この方法が意外と良い結果を出すのです。

それでは今日はこのへんで。

内容証明のブログはこちらからhttp://sayamako.exblog.jp/



================================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
================================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2010-02-14 14:52 | カウンセリング | Comments(0)
離婚内縁心理カウンセラー離婚協議書慰謝料請求内容証明緑区南区浦和区桜区中央区西区大宮区岩槻区北区見沼区さいたま市埼玉県心の相談示談書
 
     さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
       電話048ー689ー0425 
       近藤敏広(行政書士:JADP認定心理カウンセラー) 
   ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

内容証明郵便を書いた後はどうする?

内容証明の書き方は、どこのホームページにも書いてあります。

肝心なのは「書いた後どうするか?」です。

解りやすくお話する為に、慰謝料の請求の例でご説明します。(クーリングオフについてはホームページをご覧頂けると幸いです)

慰謝料を請求して、スンナリと支払って(滅多にありませんが...。)もらう事になったら、口座番号など連絡してお金を振り込んでもらえば、とりあえずの手続きは終わります。

ただし、こんなことは本当に稀です。

たいていは支払えないとか、半分なら支払えるという返事が返ってきます。その場合はどうしょましょうか?(返事がなかったら裁判所へ行くという事もあるでしょう)

こんな時は、示談書を書くように持って行きます。

なにも「一括で支払え」と言う訳ではないので(一括で支払えとあまり強く言うと)相手から「それじゃ裁判所の民事調停で決めてもらいましょう」と言われるて慰謝料の回収が遅くなってしまいます。

支払いは、多くの場合は分割で(毎月5万円のように)払ってもらうように話を持ってゆきます。

その約束事を決めるのが示談書です。(怖そうな名前ですが一種の契約書です)

示談書はそれほど難しい書式ではないので日常的に使われる書類ですが、これも契約の一種ですから、内容に納得できないのならば、話し合って決めてください。

無理な示談は避けてください。少なくとも裁判所の判例で出ている事例を参考にすれば常識の範囲かと思います。

それでは今日はこのへんで。

内容証明のブログはこちらからhttp://sayamako.exblog.jp/



================================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
================================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2010-02-02 17:23 | 法律 | Comments(0)

日常のちょっとした出来事を解決するお話をしています。


by kondou-toshihiro