<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

離婚内縁遺言相続内容証明緑区南区浦和区桜区中央区西区大宮区岩槻区北区見沼区さいたま市埼玉県クーリングオフ心理カウンセラー
 
さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
電話048ー689ー0425 
近藤敏広(行政書士:JADP認定心理カウンセラー) 
ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

子供の成績の善し悪しは教える人に問題があります。

話が分かりやすい様に、今日はちょっと横道にそれます。

職業によっては話す言葉をかえないと意思の疎通が図れないときがあります。医者でも外科医や整形外科医と話をする時は文章で質問するよりは、写真や図を添付して話をした方がよい場合があります。

過去に問診票の文章をよく読まない医師もいて、間違った薬を出す先生もいました。

子供も同じです。人はそれぞれ理解出来る言葉がちがいます。教える側は、そういう訓練を受けていませんから、自分が教わった通りに(先生はたぶん真面目に教えているのでしょうが)子供たちに教えます。

そのやり方で皆が理解出来ていますか?そうでないでしょう?

人には視覚に反応する人、聴覚に反応するひと、身体に感じる感覚に機敏に反応するひとなど色々です。それぞれの解りやすい言葉で教えてあげると理解が早いのです。

それぞれの子供の反応を見て(これは一学期の内にしておくべきです)指導して行くと子供の成績に良い変化が現れることがあります。

詳しくは過去のブログに詳しく書いてありますので参照してください。

それではきょうはこれで。


[PR]
by kondou-toshihiro | 2012-08-31 12:58 | カウンセリング | Comments(0)
離婚内縁遺言相続内容証明緑区南区浦和区桜区中央区西区大宮区岩槻区北区見沼区さいたま市埼玉県クーリングオフ心理カウンセラー
 
さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
電話048ー689ー0425 
近藤敏広(行政書士:JADP認定心理カウンセラー) 
ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

子供の成績の善し悪しは教える人に問題があります。

話が分かりやすい様に、今日はちょっと横道にそれます。

職業によっては話す言葉をかえないと意思の疎通が図れないときがあります。医者でも外科医や整形外科医と話をする時は文章で質問するよりは、写真や図を添付して話をした方がよい場合があります。

過去に問診票の文章をよく読まない医師もいて、間違った薬を出す先生もいました。

子供も同じです。人はそれぞれ理解出来る言葉がちがいます。教える側は、そういう訓練を受けていませんから、自分が教わった通りに(先生はたぶん真面目に教えているのでしょうが)子供たちに教えます。

そのやり方で皆が理解出来ていますか?そうでないでしょう?

人には視覚に反応する人、聴覚に反応するひと、身体に感じる感覚に機敏に反応するひとなど色々です。それぞれの解りやすい言葉で教えてあげると理解が早いのです。

それぞれの子供の反応を見て(これは一学期の内にしておくべきです)指導して行くと子供の成績に良い変化が現れることがあります。

詳しくは過去のブログに詳しく書いてありますので参照してください。

それではきょうはこれで。


[PR]
by kondou-toshihiro | 2012-08-31 12:58 | カウンセリング | Comments(0)
離婚内縁遺言相続内容証明緑区南区浦和区桜区中央区西区大宮区岩槻区北区見沼区さいたま市埼玉県クーリングオフ心理カウンセラー
 
さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
電話048ー689ー0425 
近藤敏広(行政書士:JADP認定心理カウンセラー) 
ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

身体的または精神的ダメージを受けた場合の対処法

身体的または精神的ダメージを受けた場合に、古傷が痛むということがあります。昔から言われていることですし、年配のかたなどは(私も十分年齢をかさねていますが)経験されていることでしょう。

風邪をひいたら、昔ヘルニアをした腰まで痛くなったなどいくらでも実例はあるでしょう。

人はダメージを受けた時に、その一番弱い部分が痛みます。身体的ダメージはお医者さんに看てもらったほうが良いとおもいますので、ここは心のお話です。

相手の話を聞いて心がイライラすると、体調を崩すような物質が身体から出て来ます。(これを初めて知ったのは脳学者の茂木さんの本の中でした)

相手の言ったことやした事に対して過剰に反応すると、このような事がおこるそうです。
それで体調を崩す・・・。そういえば「人を呪えば穴2つ」ということわざがあります。
人の事で怒ると、自分も穴(比喩ですが)におちてしまいますよという事です。

他人の言ったことを、そのまま真に受けて怒ることは徐々にやめて行きましょう。相手がどんなに理不尽な事を言ったとしてもです。

これは最初は受け入れられない考え方だと思います。
相手の考えが存在する事だけは認めてあげてください。同意する必要はありません。存在する事を認めないと、存在しない物と戦うことになりまねません。見えないものと戦うのは疲れますよ。

まず、認めたうえで、その考え方を受け入れなければ良いのです。私たちは訓練されていないと、外部の刺激に、ただ反応する生活をしがちです。

そうでなくて、その考え方は自分にとって心地よい考えなのだろうか、また、いまの自分の考え方、やっている事は本当に自分が心地良いと思っているか考えてみてください。

良い感情が感じられるようでしたら、そのまま続ければよいでしょう。そう出ないなら、
ちょっと考えて方向転換も必要かもしれません。

それではきょうはこれで。


[PR]
by kondou-toshihiro | 2012-08-20 13:55 | カウンセリング | Comments(0)

日常のちょっとした出来事を解決するお話をしています。


by kondou-toshihiro