<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

離婚学校虐待体罰内容証明イジメカウンセリング大宮さいたま市埼玉県行政書士心理カウンセラー
 
さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
電話048ー689ー0425 
近藤敏広 行政書士:財団法人JADP認定心理カウンセラー 
ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

虐待(体罰)とイジメ

このところ学校での体罰が問題となっていますが、私が実際に経験した事をお話します。

(以下本文)

学内のイジメを苦にした子供の自殺をニュースでよく聞くようになりました。
これはやっと表面に現れるようになっただけです。

昔からイジメは繰り返し行われていました。 おうおうにして教頭や校長まで話が行っていないケースがあります。

大人達はそれを防ぐ義務がありますが、教師がイジメに加担している場合もあります。
実例でお話します。
私がイジメにあった経験者であり、今後はこのような事が起こらないためにもお話をします。

横浜市の栄区と戸塚区の間に○○小学校があります。40年ほど前のことでしょうか。
私が小学校5年の時に大学卒業したてのSDという教師が私のクラスの担任になりました。
彼がまずしたことは「学研の科学と学習そしてマンガを購読してはいけない。」と言うことでした。
理由は「買えない生徒もいるのだから」と言う事でしたが、自分の車に成人雑誌が置いてあったり
お歳暮や中元を贈ってくる子供にやさしくしたのには、子供ながらにおかしいだろうと思うようになりました。

マンガを購入してはいけないといわれたので自分で画いたマンガをクラスに持って行きました。
それがSD教諭の逆鱗に触れたらしくて、私は何かにつけて毎日殴られました。

本来イジメがあったら子供は親に相談するべきです。
なによりも親が子供の話を聞く習慣が日常からあれば予防策になると思います

それからSD教諭は独裁制を敷くようになりました。
黒板の上にこん棒を置き生徒を殴ると言う教師が狂師に変わった瞬間でした。
そして、それは段段とエスカレートしてくるのでした。

私には、ナチのゲシュタポのような見張り役がつきました。ID(男子、)KD、YD(女子)の3人です。
彼らも今までは普通の小学生でしたが、ゲシュタポの役を与えられてしまった以上その役をこなさなければならなくなったのです。
舞台が変われば役者の役柄が変わるのは当然ですが、教室で教師が行って良いことではありません。

意外なことのように思うかも知れませんが教室内の事が職員室で議論されることは無かったのです。

多分この先彼らはトラウマを抱え込むようなったのではないでしょうか。
私は朝礼に出るのを禁じられその間中、IDの監視のもと「ウサギ跳び」を毎日20分くらいさせられました。
IDに与えられた役目はこれだけでした。その後、足に後遺症が残ったのは言うまでもありません。
KDとYDの役目は私がマンガを買わずに家に帰ることを監視するというものです。
当人たちにしてみれば迷惑な事だと思いますが学外では私がうけた嫌がらせはこんな程度でした。
問題は学内で起こったことです。

私の試験の回答用紙は教師ではなく他のゲシュタポ役が採点しました。
検閲は「校という字の木辺が大きく書いてあるから不正解など」となり70?80点のところが
30点くらいになってしまいました。
私も自然と勉強をする気力も無くなり、家に帰ると疲れ宿題さえもやる気がなくなりました。
そうして宿題を忘れることになったのですが、するとSD教諭はナチがユダヤ人に押したように印鑑を私の顔中に押し
返るまで拭いてはいけないといわれました。当然にゲシュタポ役の2人はそれを確かめるべく私が家に帰るまで監視しました。
まだまだ酷いことはあったのですが、このくらいにしましょう。
いま思えば両親にこのことを話すべきだったのかもしれませんが父は怖く、母には辛い思いをさせたく無かったのです。

子供と親がその日にあったことを親身になって(当たり前のことですが)話す時間は必要だと思います。

学校には3者面談と言うのがあります。教師と私と何も知らない母親。
母は私の成績があまりに悪いことを知って(ゲシュタポ役の採点のせいですが)たいそう気をおとしたようです。
母に泣かれたので「子供心にこれは何とかしなければ」と言う考えが頭の中を過ぎりました。

次の日、私はSD教諭の授業の間違いを正しました。もちろん殴られましたが「なんだったら明日教育委員会に言うがよい」と言うのです。
SD教諭がそう言うのならと思い教育委員会に行こうと思いましたが、翌日はうさぎ跳びのせいで足が痛くなり病院に行くことになりました。
その医師は学校医も兼ねていたので本当の事を全部話しました。そして教頭先生に話しておく約束をしてくれました。

翌日に学校へ行くとSD教諭が「なんで休んだのだ」と今にも殴りそうな感じで言うので「先生がおととい教育委員会に行くように
言われたので相談できるところに行ってきました」というとSD教諭の顔が赤から青くなるのがわかりました。
SD教諭が「なんと言ったんだ」と聞くので「それは教頭先生からお話することになっているので僕はなにも話してはいけないと言われまし
た」と言うとその日は殴られることも無く無事に家に返ることが出来ました。

面白かったのは家庭訪問の時でした。SD教諭が私の家に来るとそこに教頭がいたのです。
教頭は父の友人だったのでたまたま家にいただけなのですが、翌日から殴られることもゲシュタポも解任されて
卒業までなにもなくすごす事ができたのです。その後、彼は解任されたとききました。
結局はSD教諭は弱い人間だったようです。卒業した後に町で挨拶すると中学生相手に逃げるように去って行きました。

中学に入って新しい環境は小学校から比べると天国のように自由でした。
ところが小学校の近くに新しく中学が出来ることになりました。
私はそこへ通わなければならなくなり、小学校の暗い気持ちを思いだしてしまいました。
なにしろ中学校の生徒の1/3が○○小学校の卒業生なのですから。
でも、そのころの私は学校最大(人数だけですが)のクラブのリーダーをしており先輩の応援もあって
転校後の中学校でも最大(生徒の1/6を集めるという)のクラブのリーダーをする事になり、
かつてのゲシュタポ役は私を可愛がってくれる先輩の、ただの後輩に過ぎなくなったのです。

環境が変われば役も変わります。普通の子がある日イジメる側になったり、逆にイジメられる側になることは珍しくありません。
お母さん、お父さん、それに先生と地域の皆さん方にお願いがあります。子供と話す時間を作ってください。
そして子供の異変に気がついたら、すぐに対処をお願いします。それが大人の役割だと思うのです。

(以上本文)

カウンセラーになって解ったのは心理的な未熟さを抱えたまま教師になってしまった事による事象だと言う事でした。

それではきょうはこれで。

============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2013-01-24 09:07 | カウンセリング | Comments(0)
離婚内縁遺言相続内容証明離婚協議書カウンセリング大宮さいたま市埼玉県行政書士心理カウンセラー
 
さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
電話048ー689ー0425 
近藤敏広 行政書士:財団法人JADP認定心理カウンセラー
ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

自分のまわりの物と仲良くしましょう。

以前のブログで「自分の気持ちを見てあげてください」とのお話をしました。

きょうはその続きで、「自分のまわりの物と仲良くする方法」をお話します。ここまで進むと他人とのコミュニケーションが出来るきっかけになります。

カウンセリングですと時間をかけられますが、ブログでどこまでお伝え出来るか心配ですが、お話を始めることにしましょう。

これからお話することはすべて心の中で話してください。言葉に出して言うと、知らない人に変な顔をされることがありますから。でも大丈夫、心の中で言葉にしている内に、周りの物たちがみんな優しく見えて来ます。

朝おきたら誰もいなくとも「おはよう」と心の中で言ってください。自分のいる部屋に話しかける感じでも、自分のいる空間に話しかける感じでも良いとおもいます。

これを続けていると不思議な事が怒ります。

朝、起きた時に自分が歓迎されているような気持ちで起きる事ができるのです。

それでも、「むずかしいな」という方は、例えば朝、起きて水道の蛇口をひねって水が出て来たら(出るのがあたりまですが)水に「出て来てくれて有り難う」と心の中で言ってみてください。
もし起きる時にベッドに頭をぶつけて痛い思いをしてもベッドに「ごめんね」と言ってみてください。

人にに接する様に家具や器具に「ありがとう」と「ごめんね」を心の中で言う癖をつけると、自分の周りの物たちが味方になってくれるような気持ちになります。

昔の話ですが私は左足が動かなくなって、いつも不機嫌な時期がありました。そんなときに気持ちを和らげてくれたのがこの方法です。

それを繰り返して行くと(少し時間はかかっても)世界が自分を応援しているような気持ちになります。

やさしい行動は、やわらかな気持ちをつくります。

シェリーの詩に次のような言葉があります。

泉は川とまじり
川は海とまじる
空吹く風は
やさしいこころとまじる
世にひとりのものはいない

メールはこちらへお願いします。

それでは、また。


[PR]
by kondou-toshihiro | 2013-01-19 19:06 | カウンセリング | Comments(0)
離婚内縁遺言相続内容証明大宮区カウンセリング大宮さいたま市埼玉県行政書士心理カウンセラー
 
さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
電話048ー689ー0425 
近藤敏広 行政書士:財団法人JADP認定心理カウンセラー 
ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

話し合いをするのが苦手な人

このごろ「話し合いをするのが苦手」という人が増えているようです。

こういった人に共通なものに「待つ事が出来ない」という特徴が見られる事があります。

玄関のチャイムをならして10秒もしないうちに立ち去ってしまう宅配業者さんもいるくらいです。これでは仕事になりませんよね。

日本では江戸時代から自分で解決するのが苦手ならときは名主さんなどの事情に詳しい人に相談してみるのが習慣になっていました。

よく聞く話ですが、三行半という離婚は実はほとんど無かったのです。誰かに相談して物事を決めていたようです。

そのほうが穏やかですね。

自分で問題を解決する前に、裁判所に訴えるひとも少なくありません。なんだかアメリカのようになってきました。あまりギスギスした世の中は嫌ですよね?

この国では裁判所への提訴件数が多くなったので、裁判所の職員を増員することにまでなってしまったそうなのです。

少し前でしたら話し合いをして、それでも問題が解決しないなら、仲裁をたのむとか手紙でやり取りをして穏便に事を納めたものです。

最近ではコミュニケーションの取り方がわからない方が増えているように思います。

たいていの人と人の問題はそこから着ている様に思います。もう少し話し合えば解決することは多いのではないでしょうか?

何事にも順序というものがあります。それにそって行えば道は開けると思うのです。

それではきょうはこれで。



============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2013-01-18 10:58 | カウンセリング | Comments(0)
離婚内縁遺言相続内容証明大宮区カウンセリング大宮さいたま市埼玉県行政書士心理カウンセラー
 
さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
電話048ー689ー0425 
近藤敏広 行政書士:財団法人JADP認定心理カウンセラー 
ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

内容証明郵便について少しお話します。

内容証明郵便は差し出した郵便の控えを郵便局で保管してくれる郵便です。それなので
言った言わないの争いを避ける為に、慰謝料の請求や、クーリングオフ、離婚協議など色々な事に使えます。

このごろ郵便局に行くと、ほぼ毎回、自分で書いた内容証明を持ってくる人を見ます。

遠目にみても素人さんの書いた物というのが解ってしまいます

私だったら「受け取っても読まないかもしれないな」という物が殆どです。

プロの書く内容証明は文章を読まなくとも一見しただけで何が書いてあるか目に飛び込んできます。

行間やフォントもきれいです。

内容証明は言いたい事を200文字程度の短い文章にすると相手に伝わりやすくなります。その短い文章のなかに言いたい事を納める名人芸と言ってもよい書類を書く先輩方が昔はいました。

ただ残念なことに「書類作成自動ソフト」で書類をつくるプロもいます。確かに安い価格で作成してくれるのですが、パソコンから自動印刷された書類です。心の入っていない文書がどれだけ相手に伝わるか疑問に思う事もあります。

内容証明に限らず、書類は経験を積んだ法律家に書いてもらった方が無難だと思います。

それではきょうはこれで。




===================================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
===================================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2013-01-16 17:27 | 法律 | Comments(0)
離婚内縁遺言相続内容証明大宮区カウンセリング大宮さいたま市埼玉県行政書士心理カウンセラー
 
さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
電話048ー689ー0425 
近藤敏広 行政書士:財団法人JADP認定心理カウンセラー 
ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

私は子供の頃に受けたイジメや虐待を克服した経験があります

いまでも、その為に左足に欠陥があります。人が見て解らない様にしているので、気がつく人は少ないでしょう。(劇団で3年ほど筋肉のトレーニングを行ってやっと普通に歩ける様になりました)

酷い虐待だったので、言葉を話す事も出来なくなりました。(これも劇団の発声訓練で克服しました)

もちろん、その教師にはやめてもらう様に後ろから手をまわしましたが・・・。(不正に対しては手段を選ばずに身体をはる癖は子供の頃の経験からきているのかもしれません。)

いまでしたら、行政書士として相手に告訴状や内容証明を送ったりするでしょう。

問題はここからです。

今年から、イジメ対策として退職警察官や退職教員に学校での見回りをするそうです。

でも、これでは劇的な効果があるとは思えないのです。

人の行動はまず、心のなかでおきます。それが解らないと元教師や元警官にはできるか疑問があります。

モラルハラスメントを理解出来る人でないと、本当のイジメや不登校対策にはならないでしょう。

モラルハラスメントの専門家であるカウンセラーは神経伝達言語という、生徒の言葉にならない言葉を読み取ることができます。

それが出来るのは、訓練や経験を積んだカウンセラーです。

ある精神科の先生とカウンセラーとお話したのですが、知識はあるのですが経験がまだまだなので頼りない感じがしました。

知識は経験をつまないと知恵になりません。

同じカウンセラーとして「しっかりしてほしい」と思った次第です。

それではきょうはこれで。


[PR]
by kondou-toshihiro | 2013-01-13 19:05 | カウンセリング | Comments(0)

緊急の連絡です。

離婚内縁遺言相続内容証明離婚協議書カウンセリング大宮さいたま市埼玉県行政書士心理カウンセラー
 
さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
電話048ー689ー0425 
近藤敏広 行政書士:財団法人JADP認定心理カウンセラー
ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

緊急の連絡です。

緊急のお話なので、すべてのブログやメルマガに同じ記事を載せます。それなので、この記事が必要の無い方もいると思いますが、あらかじめご理解ください。

家庭裁判所の手続きが変わるので注意してください。

現在、書店で販売している一部の本や図書館においてある本には書いていない事もあるかと思いますので、急いでお話します。

新しい家庭裁判所の調停(離婚や相続)のお話をします。

(1)家裁に申し立てをすると申立書が相手にも行きます。(家裁では送達と言います)
これで相手方も何の調停で呼び出されるのか解ります。申立書にいくら自分か酷い目にあっているとか恨み言をかいても、その部分は送達されません。

今までの様に「嘘をついてまで相手を悪く言うというのは後々問題がおきますよ」という事です。

(2)いままでは交互に部屋に入って話をしていたのですが、これからは同時に部屋に入ります。そのあとで、同席か交互に話をします。そうして、その日の最後はまた同室でお話をします。こうすれば一方が嘘をついていないか?調停委員をうまく言いくるめていないか?などの心配もなくなります。相手がいたのでは嘘もつきにくいですよね。

非常に大まかに書きましたが、緊急の連絡のため、要点のみとさせて頂きます。

詳しくは家庭裁判所へ問い合わせてみてください。

それではきょうはこれで。


[PR]
by kondou-toshihiro | 2013-01-07 08:56 | 離婚相談 | Comments(0)

日常のちょっとした出来事を解決するお話をしています。


by kondou-toshihiro