<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

●最近の離婚について●

離婚学校虐待体罰内容証明イジメカウンセリング大宮さいたま市埼玉県行政書士心理カウンセラー
 
さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
電話048ー689ー0425 
近藤敏広 行政書士:財団法人JADP認定心理カウンセラー 
ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

●最近の離婚について●

不思議なことがあります。

離婚件数は少し減ったのに、家庭裁判所の離婚調停は忙しくなっています。

家庭裁判所は、今年の1月から「離婚調停の手続き」を変更しているくらいです。

これはどういう事でしょうか?

実際の離婚件数は減っては見えるけれども「離婚をしようと悩んでいる人は逆に増えている」という事です。

夫婦の破綻状況が続いたまま生活をしていると、一番良くないのが子供への影響です。
子供は将来、親と同じ事をすることが多いのです。その前に親の離婚で子供が学校でいじめの対象になったりすることも実際に起きています。

それから離婚原因も実は変わって来ています。

昔と同じ様に、一見すると離婚原因には相変わらず「性格の相違」が多いのですが、私には影に「経済的理由」がかくれて見えるのです。

「夫が生活費を渡さなくなった」とか、「仕事に失敗して生活が苦しくなったから分かれる」というケースです。

それから一番不思議だったのが、日本では協議離婚が多かったのですが、この頃では調停離婚が増えているように思います。

私の周りでは、協議離婚書を作って離婚という従来の穏やかな方法をとらずに、いきなり
裁判所に行くケースが多くみられます。

本来、離婚というのは婚姻生活の解消ですから、夫婦だけで色々な事を決めてから離婚という手続きをとるのが通例でした。

ところが、夫婦で話し合いが出来ないので、間に裁判所に入ってもらうという事例が増えています。

話し合いが出来なくなっている事実があります。最近では、どちらか一方が自分の意志をしつけようとしているケースが多いのです。

カウンセラーの立場から言うと、これは恐怖からくる心理状態なのですが、いままで普通に出来ていた夫婦の協議が、近年の夫婦では出来ないことは無いと思います。

離婚を考えたら、まず話し合ってみてください。婚姻契約の解除は本人たちで行うのが基本です。(出来ない時は方法をお話します)

メールはこちらへお願いします。

それではきょうはこれで。

============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2013-03-31 09:58 | 家庭問題 | Comments(0)
離婚学校虐待体罰内容証明イジメカウンセリング大宮さいたま市埼玉県行政書士心理カウンセラー
 
さいたま市見沼区大和田町1ー1095ー2星コーポ103  
電話048ー689ー0425 
近藤敏広 行政書士:財団法人JADP認定心理カウンセラー 
ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/
  
  

日々の生活のなかで糧となる言葉が小説や伝記のなかにもあります。

きょうは、70年ほど前の小説に出てくる私の好きな言葉を書きます。

「あなたがたが夢に見たもっとも輝かしいユートピアに到達できたとしても、そんなものはいつかは滅びる。しかし、あなたがたの勇気によってすばらしいものとなる平凡な毎日、過去というページにあなたがたが書き込んだ記録、それはけっして滅びないのだ。」

そのあとで次のような台詞があります。「肝心なのは闘いに勝つか負けるかではなく、その闘いにおいてどう振る舞うかだということだ。」

小説を全部読まなくても、ここの場面だけ読み返すことがあります。毎日を生きて行くなかで私は勇気をもらっています。

紹介したのはエドモンド・ハミルトンの小説「世界の外のはたごや」です。

それではきょうはこれで。

============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2013-03-25 13:31 | カウンセリング | Comments(0)

日常のちょっとした出来事を解決するお話をしています。


by kondou-toshihiro