<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

     埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/                  
               ●ごあいさつ● 

このブログでは「離婚」を中心に「家族に起こるさまざまな問題」を取り上げて行きます。仕事上の体験を随時織り込んで行きますので時々脱線しますが最後までおつき合いください。離婚を中心にしたお話はメルマガでも配信していますので興味のある方は読んでみてください。「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html
とは言いましてもこのブログでは「離婚のお話」がかなりのウェイトを占めると思います。これからお話するのは男女が出会い、そして家族を作り、最後には相続、法事までという家族の一生についてのお話です。なにせ「夫と一緒のお墓に入らないと言う遺言を書いてください」と言われるご時世です。きっと、あなたのお役に立つ事をお約束します。

              ●今回のテーマ●

街角相談室の名前の由来をお話します。

私は長い間「離婚の達人」というブログを書いてきました。

記事の中には大学の心理学や民法よりも複雑なお話を書いてしまったこともあります。

このところ頂くメールはほとんどがカンセリングや金銭トラブルのお話なのですが、根底には話し合いがうまく行かない(落としどころのつけ方がわからない)という事に原因があります。

相談しに来て悩んでいるかたは相当苦労されていると思います。そんな時に、振り返って自分のことを観てみると同じ悩みを何十年もまえに解決したことがあるなと気がつきます。

私は昭和の前半の生まれですから、このブログを読んでいる方がみたらお爺さんのような歳におもえるかもしれません。

この仕事をしていると普通に生活しているよりも(嫌でもなんでも)いろいろな事を経験してしまうものです。

あなたの悩んでいることはもしかしたら、過去に私が解決した問題かもしれません。それだったら悩んでなんかいないで、お話してみてはいかがですか?

そんな事で気軽に相談出来るように街角相談室という名前をつけました。

もちろん今では使えない古い情報もあるので、毎日が勉強の日々です。特に情動心理学(日本ではあまり知られていませんが)と民法は最新の情報でないと相談者に迷惑をかけることがありますので、細心の注意をしています。

テレビとうで一部のタレントさんが間違った意見を言っていることがありますが、大御所と呼ばれるひとが言うと「そうなのか」と間違ったことを覚えてしまう人がいますので、
専門のお話は専門家に聞くのが一番安全です。

歳をとるのもそんなに悪い事ではないですよ。いまの私は相談されるかたの解決法の辞書の様なものです。

わたしが経験した事件はネットには絶対にのりませんしね。

それではきょうはこれで。


[PR]
by kondou-toshihiro | 2014-08-27 20:17 | カウンセリング | Comments(0)
    埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/                  
               ●ごあいさつ● 

このブログでは「離婚」を中心に「家族に起こるさまざまな問題」を取り上げて行きます。仕事上の体験を随時織り込んで行きますので時々脱線しますが最後までおつき合いください。離婚を中心にしたお話はメルマガでも配信していますので興味のある方は読んでみてください。「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html
とは言いましてもこのブログでは「離婚のお話」がかなりのウェイトを占めると思います。これからお話するのは男女が出会い、そして家族を作り、最後には相続、法事までという家族の一生についてのお話です。なにせ「夫と一緒のお墓に入らないと言う遺言を書いてください」と言われるご時世です。きっと、あなたのお役に立つ事をお約束します。

              ●今回のテーマ●

8月1日から集中してカウンセリングのお話をしています。前にお話した内容も出てくると思いますが、ほぼ毎日配信しますので読んで頂けると幸いです。
   

          番外編 困った事があったらすぐお問い合わせください

毎日、悩み事や法律の相談がたくさん来ます。

それでも、たいていは匿名です。

困ったことがあるなら、今日中に解決しませんか?

私はそのお手伝いをします(次の事をやっています)

(1)いじめの発生している学校に書類を送って(本人の名前は匿名で)是正の要求をします。

(2)給料(退職金)の支払いが遅延していたら支払いの請求をします。

(3)夫が借金を作ってなくなった時は、借金の支払いをしなくてよいように手続きをします。

(4)慰謝料の請求(子供の受けた精神的な痛みから不倫の清算まで)をします。

その他困って自分では解決出来ない時はお問い合わせください。
  
今日だけで10件近くの「助けて」メールがきていますが、住所も名前もわからないのでは実際の救出は困難なのです。

勇気をもってお話してみてください。私はもう60歳になります。この仕事をしていればたいていのお話はわかります。

それではあなたの勇気をお待ちしています。


   それではきょうはこれで。


[PR]
by kondou-toshihiro | 2014-08-17 20:48 | カウンセリング | Comments(0)
     埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/                  
               ●ごあいさつ● 

このブログでは「離婚」を中心に「家族に起こるさまざまな問題」を取り上げて行きます。仕事上の体験を随時織り込んで行きますので時々脱線しますが最後までおつき合いください。離婚を中心にしたお話はメルマガでも配信していますので興味のある方は読んでみてください。「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html
とは言いましてもこのブログでは「離婚のお話」がかなりのウェイトを占めると思います。これからお話するのは男女が出会い、そして家族を作り、最後には相続、法事までという家族の一生についてのお話です。なにせ「夫と一緒のお墓に入らないと言う遺言を書いてください」と言われるご時世です。きっと、あなたのお役に立つ事をお約束します。

              ●今回のテーマ●

8月1日から集中してカウンセリングのお話をしています。前にお話した内容も出てくると思いますが、ほぼ毎日配信しますので読んで頂けると幸いです。
   

             第3回 モラルハラスメント

このごろ、一週間に一度はモラルハラスメントの相談があります。問い合わせはメールや電話ですからどこの地方の方なのかまではわかりませんが、やっと全国的にこの言葉が認知されて来たようです。

民法が改正になって子供の人権とうがより守られるようになりましたが、通達が出ている省庁と出ているのかが解らない省庁がありますので、DVの相談に比べればまだまだモラルハラスメントの相談窓口は少ないのが実情です。

モラルハラスメントのホームページは次の所をご覧ください。http://www2.odn.ne.jp/cam62720/mh.html

詳しくはホームページを見て頂くことにして、今日はモラルハラスメントを受けた時の心の対応についてお話します。

モラルハラスメントを起こす人は本人が気づかないまま、モラルハラスメントを起こしていることが多いのです。これは本人が今までに積み上げて来た経験が無意識に行動になってしまうのです。

さて、本人に自覚がないのですから困った事になります。

そんな時は相手の挑発に乗ってあなたが(自分にとって良くない)行動を起こしてしまう、相手の行動対して、ダイレクトに反応してしまうことが一番よくないのです。これでは相手に自分の行動を操られているようなものですから、自由な行動が出来なくなります。

一歩立ち止まってみて、自分がこれから「どうなりたいのか」を考えてみてください。それから話を始めると道が見えてきます。

もっとも、耐えられないほどのモラルハラスメントの場合はすぐに相談に来てください。

詳しくは上記ホームページをご覧ください。

それではきょうはこれで。


[PR]
by kondou-toshihiro | 2014-08-04 07:30 | カウンセリング | Comments(0)
     埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/                  
               ●ごあいさつ● 

このブログでは「離婚」を中心に「家族に起こるさまざまな問題」を取り上げて行きます。仕事上の体験を随時織り込んで行きますので時々脱線しますが最後までおつき合いください。離婚を中心にしたお話はメルマガでも配信していますので興味のある方は読んでみてください。「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html
とは言いましてもこのブログでは「離婚のお話」がかなりのウェイトを占めると思います。これからお話するのは男女が出会い、そして家族を作り、最後には相続、法事までという家族の一生についてのお話です。なにせ「夫と一緒のお墓に入らないと言う遺言を書いてください」と言われるご時世です。きっと、あなたのお役に立つ事をお約束します。

              ●今回のテーマ●

きのうから集中してカウンセリングのお話をしています。前にお話した内容も出てくると思いますが、ほぼ毎日配信しますので読んで頂けると幸いです。
   
           第2回 困難に直面したときには
                
困難に直面したときには「いま出来る事はなんだろう?」と考えてみることです。

自分と同じ障害を持ちながら、それを乗り越えて行った人を探して、お話を教えてもらうのが問題解決への一番の近道です。

文学者や小説家などは日常茶飯事的に、先輩に翻訳や資料のアドバイスを貰っていますが、それがごく当たり前なのです。

ところが、困った頃があっても日常生活のなかで、ひとに訪ねることはあまりないでしょう?人は自分のしている事を他人に知られるのが怖いのです。

日本人はとくにこれが苦手です。

こんな事も知らないのかと言われて「恥をかくのではないか」、または「お金をとられてしまうのではないか」などと考えてしまいます。

批判されたり、拒絶されたりするのが怖いのですね。

だからこわくて質問が出来ない。

それなので掲示板やネット、書籍だけでしらべる。

でもその中には間違った情報や古くてもう使えない情報があることを知っていますか?

怖がっていたら、いつまでも今のままか、悪くなるばかりです。

以外に、苦労を乗り越えた人というのは、以外と親切にお話をしてくれるものですよ。

だめだったら次の人に訪ねれば良いだけですから。
         


それではきょうはこれで失礼します。

*私の経験した事をお話しているので、ブログの内容を転用使用する際には必ず連絡をお願いします。

ご質問とうのメールはこちらへお願いします。


============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================


[PR]
by kondou-toshihiro | 2014-08-02 14:49 | カウンセリング | Comments(0)
     埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/                  
               ●ごあいさつ● 

このブログでは「離婚」を中心に「家族に起こるさまざまな問題」を取り上げて行きます。仕事上の体験を随時織り込んで行きますので時々脱線しますが最後までおつき合いください。離婚を中心にしたお話はメルマガでも配信していますので興味のある方は読んでみてください。「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html
とは言いましてもこのブログでは「離婚のお話」がかなりのウェイトを占めると思います。これからお話するのは男女が出会い、そして家族を作り、最後には相続、法事までという家族の一生についてのお話です。なにせ「夫と一緒のお墓に入らないと言う遺言を書いてください」と言われるご時世です。きっと、あなたのお役に立つ事をお約束します。

              ●今回のテーマ●

きょうから集中してカウンセリングのお話をします。前にお話した内容も出てくると思いますが、8月中は、ほぼ毎日配信しますので読んで頂けると幸いです。

           第1回 自分を大切にしてください

誰でも病気にかかれば食事に気をつかったり、暖かい衣服を着るなどして自分を大切にしますね。ところが健康な時は身体の事は気にしても(サプリメントの売り上げが年々増加しているのを見ても身体の事を気にする人は多いようです)普段から自分の心を大切にしている人は少ないのです。
もしかして、あなたは力み過ぎて自分を責めたりしていませんか?では自分の心をどうしたら大切に思ってあげられるのでしょう。わたしは歩行も困難になり、食事を摂取することも、呼吸をする事も難しい状態になったことがあります。そんなとき、ちょっとでも歩けたりしたときには(大げさかもしれませんが)自分の足に「動いてくれてありがとう」といったものです。普段当たり前にしている事に感謝すると、暖かな気持ちが産まれます。
いまのあなたは、いままであなたが選んで来たもの、経験した事を吸収したもので出来ています。変えたいところが有ったら(こんな風になったらよいなでもいいと思います)これから良くなる物を選べば良いのです。
ただでさえ、テレビや人の話題に登るのは悪いニュースが多い時代です。でもあなたは心地よいもの(たとえば風景、音楽、好きな詩、動物)に目線を向ける時間を作ることはできますね。
これは極端な例ですが、自分の問題が解決するまでは新聞もテレビも見ないという人(アメリカではかなり成功した人です)もいます。
あなたの心は、いま気分が良いでしょうか?

それではきょうはこれで失礼します。

*私の経験した事をお話しているので、ブログの内容を転用使用する際には必ず連絡をお願いします。

ご質問とうのメールはこちらへお願いします。


============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================

埼玉県
さいたま市
見沼区
近藤行政書士事務所取り扱い業務



離婚
離婚協議書
慰謝料
養育費
親権
財産分与
内容証明
示談書
遺言書
遺産分割協議書



クーリングオフ
ストーカー
心理カウンセリング




[PR]
by kondou-toshihiro | 2014-08-01 12:03 | カウンセリング | Comments(0)

日常のちょっとした出来事を解決するお話をしています。


by kondou-toshihiro