<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あなたの町の離婚件数

     埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/                  
               ●ごあいさつ● 

このブログでは「離婚」を中心に「家族に起こるさまざまな問題」を取り上げて行きます。仕事上の体験を随時織り込んで行きますので時々脱線しますが最後までおつき合いください。離婚を中心にしたお話はメルマガでも配信していますので興味のある方は読んでみてください。「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html
とは言いましてもこのブログでは「離婚のお話」がかなりのウェイトを占めると思います。これからお話するのは男女が出会い、そして家族を作り、最後には相続、法事までという家族の一生についてのお話です。なにせ「夫と一緒のお墓に入らないと言う遺言を書いてください」と言われるご時世です。きっと、あなたのお役に立つ事をお約束します。

               今回のテーマ

             あなたの町の離婚件数

私の住んでいるさいたま市見沼区という小さな町でさえ年間の離婚件数が230件を超えています。

単純に考えて区役所のお休みの日以外は毎日最低でも1件の離婚届けがだされていることになります。

そのせいかな。

アパートの引っ越しが多いのは・・・空部屋ありますの看板が目立ちます。

ここで問題が2つあります。

気がつきませんか?

仕事上の経験で言うと養育費や財産分与の支払いが止まってしまうことがよく有ります。

つまり(養育費などの)お金が入ってこなくなることが多々あります。

多くは離婚後5年で支払いが滞るという事実があります。

住んでいるはずのアパートに言っても引っ越したあとで携帯も解約してあるので連絡が取れないということもありました。

結局は私の方で住所地を調べて「支払ってくださいという内容証明」を出したのです。

また、なんとなく離婚したとしても時効にかかるまえに「やっぱり慰謝料の請求をしよう」と思えば慰謝料の請求も可能です。

上の2つの例をとっても、平穏な日々が崩れるのがわかります。

こんな事を防止する方法は簡単なのです。

みんなめんどくさがって(あるいは知らなくて)やらないだけ。

離婚協議書をかいてから離婚届けを出せばよいのです。

海外では当たり前のことですが、日本の離婚は届けはかなりいい加減でも成立してしまうからこんな問題が起きます。

せめて離婚協議書を書いて、次の人生を安心して歩みだせるようにしてください。

横から見ていると危なっかしくて教えてあげたいくらいなのですが、職務上できませんのでしかたありません。

このブログを読んでいる人はそんな失敗はしませんよね。

それではきょうはこれで失礼します。

それではまた。



============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2014-10-20 10:57 | 離婚相談 | Comments(0)
     埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/                  
               ●ごあいさつ● 

このブログでは「離婚」を中心に「家族に起こるさまざまな問題」を取り上げて行きます。仕事上の体験を随時織り込んで行きますので時々脱線しますが最後までおつき合いください。離婚を中心にしたお話はメルマガでも配信していますので興味のある方は読んでみてください。「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html
とは言いましてもこのブログでは「離婚のお話」がかなりのウェイトを占めると思います。これからお話するのは男女が出会い、そして家族を作り、最後には相続、法事までという家族の一生についてのお話です。なにせ「夫と一緒のお墓に入らないと言う遺言を書いてください」と言われるご時世です。きっと、あなたのお役に立つ事をお約束します。

               今回のテーマ

          いじめの件数が過去最悪を更新

とうとう、イジメの件数が過去最悪を更新してしまいました。

昨年のイジメの件数は18万5千800件。

そのうち小学校が11万8000件もあります。

これは文科省の調査だけですから実際の件数はもっと多いと思います。

暴力行為も1万件を超えています。

各都道府県では対策を実施していますが、学校が内部で処理してしまっている例が多いのです。

外部からの調査機関を入れているところは27都道府県のみで市町村レベルでゆくとわずか292市町村(16.7%)にすぎないのです。

アメリカでは1995年頃にはイジメ対策を本格的に行っていますが、日本はまだまだ意識が低いのでしょうか?

困っているひとがいたら連絡ください。

私のように子供の時にイジメで病院送りになるような子供が一人でもいなくなれば良いと思ってこのブログを書いています。

このブログを読んでいる人の多くは学生と主婦のかたが多いと思います。

まさに、一番の当事者ではないでしょうか?

勇気のある一歩をのぞみます。

それではきょうはこれで失礼します。

それではまた。



============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2014-10-17 08:52 | カウンセリング | Comments(0)
     埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/                  
               ●ごあいさつ● 

このブログでは「離婚」を中心に「家族に起こるさまざまな問題」を取り上げて行きます。仕事上の体験を随時織り込んで行きますので時々脱線しますが最後までおつき合いください。離婚を中心にしたお話はメルマガでも配信していますので興味のある方は読んでみてください。「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html
とは言いましてもこのブログでは「離婚のお話」がかなりのウェイトを占めると思います。これからお話するのは男女が出会い、そして家族を作り、最後には相続、法事までという家族の一生についてのお話です。なにせ「夫と一緒のお墓に入らないと言う遺言を書いてください」と言われるご時世です。きっと、あなたのお役に立つ事をお約束します。

                 今回のテーマ

        夫と離婚の話をしないでルイ・ヴィトンを買う人

本当にこう言う人がいます。

離婚相談で「来週の日曜日に別居中の夫と話をしに行きます」と依頼人の女性から聞いていました。

2回目の相談の時に「なにか進展はありましたか?」と伺ったら・・・

なんという返事が返って来たと思いますか?

依頼人さんがこう言いました。

「それなんだけどさあ、行くのがめんどくさくなって(夫とメールで喧嘩したそうです)デパートでヴィトンのバッグを買っちゃった」

そんな場合じゃないでしょう。

一時のイライラを解消するために物を買う事は誰でもあります。

でも・・・

本当に目を向けなければならない物に(これは面倒なものです)真剣に向き合わないといつまでたってもお話は進まないのです。

これを逃避と言います。快楽に目を向けて本当に解決しなければならない代償を買い物で紛らわしているのです。

私が「法律相談かなにかに行きましたか」ときくときまって次の答えが返ってきます。

「そんなお金出せません」というのです。

ヴィトンを買える人の言葉とも思えないのですが・・・

こう言う人によくあるパターンが、突然相談が来なくなって1年後にどうにもならなくなて「助けて」と言ってくる人です。

せめて・・・

取り返しのつかなくなる(生命や財産の危機)まえに連絡ください。

それではきょうはこれで失礼します。

それではまた。



============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2014-10-16 11:35 | 離婚相談 | Comments(0)

     埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/                  
               ●ごあいさつ● 

このブログでは「離婚」を中心に「家族に起こるさまざまな問題」を取り上げて行きます。仕事上の体験を随時織り込んで行きますので時々脱線しますが最後までおつき合いください。離婚を中心にしたお話はメルマガでも配信していますので興味のある方は読んでみてください。「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html
とは言いましてもこのブログでは「離婚のお話」がかなりのウェイトを占めると思います。これからお話するのは男女が出会い、そして家族を作り、最後には相続、法事までという家族の一生についてのお話です。なにせ「夫と一緒のお墓に入らないと言う遺言を書いてください」と言われるご時世です。きっと、あなたのお役に立つ事をお約束します。

                 今回のテーマ

              離婚を考え始めた人のために

あなたが、いま離婚を考え始めたとしたら、次の事も考えてください。

単純に離婚した方がよいかどうか(よく探偵事務所がキャッチフレーズに使っていますが)ではなくて、ーーここが大切ですーー離婚を回避するほうほうが無いか考えてみませんか?

もしDVや親戚の意地悪にあっているのなら別です。

でも、なんとなく離婚しようかなと考えている段階から離婚の相談をするよりも、私がブログに書いた「離婚を回避する方法(1)〜(4)」を読んでからの方が考えが纏まるとおもいます。

それでも離婚を考えるようでしたら、離婚の手続きを進めてもよいかもしれません

取り返しのつかない事になる前に(そういう人を、たくさん知っているから言うのです)

ちょっとブログを見てもそんな時間はかからないでしょう。

それではきょうはこれで失礼します。

それではまた。



============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2014-10-15 14:43 | 離婚相談 | Comments(0)
     埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
                  電話048−689−0425
                       近藤行政書士事務所
               行政書士 心理カウンセラー近藤敏広   
  ホームページhttp://www2.odn.ne.jp/cam62720/                  
               ●ごあいさつ● 

このブログでは「離婚」を中心に「家族に起こるさまざまな問題」を取り上げて行きます。仕事上の体験を随時織り込んで行きますので時々脱線しますが最後までおつき合いください。離婚を中心にしたお話はメルマガでも配信していますので興味のある方は読んでみてください。「まぐまぐ」からの配信なので安心です。
http://www2.odn.ne.jp/cam62720/merumaga.html
とは言いましてもこのブログでは「離婚のお話」がかなりのウェイトを占めると思います。これからお話するのは男女が出会い、そして家族を作り、最後には相続、法事までという家族の一生についてのお話です。なにせ「夫と一緒のお墓に入らないと言う遺言を書いてください」と言われるご時世です。きっと、あなたのお役に立つ事をお約束します。

                 今回のテーマ

          日本人の99%が間違えて覚えている事

この国に住んでいる人なら、次の言葉を聞いた事があると思います。

ほんとうは間違い(誤訳)なのですが・・・

健全な精神は健全な肉体に宿る。

子供のころから嫌と言う程聞かされてきたでしょう?

これだと健全な肉体が先にあることが前提になってしまいます。

ここから、次の様な間違いやイジメがはじまります。

特に・・・

体育会系の「体がなまっているから精神がきたえられないんだ」
と言う間違い・・・

今年の始めの武道選手のイジメ問題を思い出すかたもいると思います。

古代ギリシャの哲学者プラトンが本当に言いたかったのは次のようなことでしょう

プラトンの信条に次のようなことが書かれています。

すばらしい肉体はいかなる肉体的美徳をもってしても魂を向上させることはできないが、すばらしい魂はそれ自身の美徳によって可能なかぎり肉体を向上させることができる。

体は大切です。

そのまえに心が豊かであることが必要と言っているのです。

帝国ホテルの料理長だった村上さんが次のような事をお話されていました。

怒っている料理人の作った食事はおいしくない。

料理や体育にかぎりません。その通りだと思います。

それではきょうはこれで失礼します。

それではまた。



============================
相互ブログの紹介
小林美智子さんのブログを紹介します。
離婚・夫婦問題カウンセラー小林美智子さんのブログ
============================
[PR]
by kondou-toshihiro | 2014-10-01 12:44 | カウンセリング | Comments(0)

日常のちょっとした出来事を解決するお話をしています。


by kondou-toshihiro